胎児エコー写真の見方

エコー写真で赤ちゃんの成長が見えます

エコー写真で赤ちゃんの成長が分かります。

 

現在の産婦人科の診療では胎児を父や母にエコー写真を見せる事から始まります。

 

親は胎児の成長を見守る事が出来て、医者は胎児と母体の健康状態および異常の早期発見を行えるというメリットがあります。

 

その際にエコーで写真というのは非常に分かりやすく、画像を見ながら医師の説明を聞く事が出来て便利なのです。

 

写真を見る事によって父と母は親になるという実感が沸いてきて、出産までの準備を具体的に進める事が出来るでしょう。

 

当サイトでは、エコー写真についての知識をご紹介いたしますので、ご参考ください。

 

 

エコー写真を見ながら、赤ちゃんの成長を見守ってあげてくださいね。


エコーで健康状態を把握

エコー写真で健康状態が見えます。

 

エコー検査は生体への侵襲(体を傷つける事)の低さが最大の利点であり、母児に対する画像の診断方法として優れてる検査方法です。

 

妊娠中は羊水が適度に存在するのでエコー検査の妨げとなる胎児骨化は進んでいないので胎児形態を観察しやすい状態です。

 

エコー検査で初めて確認された症状は1972年の無脳症になり、今では技術が進歩して無脳症は妊娠10週台で診断できるようになっています。

 

さらには消化器系や循環器系の異常も診断できるようになったので、より早く胎児の健康状態を把握できます。

 

妊娠中に行う胎児エコー検査の目的は胎児の発育・形態・機能・胎盤・羊水・臍帯のそれぞれの状態を確認して把握する事になります。

 

さらには三次元測定(3D)によって表情も分かるようになり、どんな顔つきかが判断できるようになっているのです。

 

胎児や母親のスクリーニング検査(無症状の者を対象に、疾患の疑いのある者を発見することを目的に行う検査)として用いらているのです。

 

エコー検査の安全性は母子ともに保障されており、検査回数に関しても制限がないので何度でも行えるのが最大のメリットとなります。

 

また、病名のつかない正常として考えられる症例に対しエコー検査を行い、正常であることを確認する事で安心も出来ます。

 

スクリーニング検査は全ての妊婦を対象に行われるので、産婦人科へ行くと必ず受ける事となります。

 

しかし、精密検査を行う場合はスクリーニング検査だけではなく、羊水検査・絨毛採取・臍帯穿刺などの安全が保障されない検査を含むので、事前に必要性を知っておくべきでしょう。

 

大部分の妊婦および胎児が正常であることを確認し、異常妊娠の見落としを出来るだけ回避するためにエコー検査はスクリーニング検査と精密検査を行うのが良いと言えます。

 

 

エコー写真で定期的に健康状態が把握できますよ。


エコー写真で分かる成長過程

エコー写真で分かる赤ちゃんの成長過程

 

エコー写真を見る度に赤ちゃんがどれくらい成長しているかが目に見えて分かります。

 

週を追うごとに大きくなっていく赤ちゃんの姿を見ていると、産まれてくるのが楽しみになります。

 

実際に私の子供が胎児の頃のエコー写真がこちらになります。

 

 

この時は妊娠6週目になります。

 

まだ大きさは6ミリ程度ですが、人間の形はしておらず豆のような形です。

 

妊娠初期の赤ちゃんは本当に小さく、大豆くらいの大きさですが1週ごとに成長していきます。

 

次の写真をご覧ください。

 

 

妊娠19週のエコー写真ですが、既に人の形になっており、横顔の形が見えます。

 

妊娠して5ヵ月も経過する頃には手足も出来て、体全体が大きくなり始めます。

 

この調子で成長してくれたら元気な赤ちゃんになりそうです。

 

 

こちらは妊娠8か月のエコー写真です。

 

お腹の中で赤ちゃんを右側から撮影しています。指の形もハッキリしています。

 

産婦人科の先生が分かりやすくボールペンで形をなぞってくれたので、具体的に部位が分かります。

 

こちらは3D撮影したエコー写真です。

 

 

顔の形がハッキリ見えるので、どんな顔なのかも分かります。

 

またこの時に二重瞼だという事も分かるくらい明確な映像として確認できるのです。

 

こうやって妊婦健診の際にエコー検査を行う事で赤ちゃんの成長の度合いが可視化できるんです。

 

妊娠中に赤ちゃんの写真を見ながら、出会えるのを楽しみに日々を過ごして行ってくださいね。

 

 

エコー写真で赤ちゃんの成長過程を見守ってあげてくださいね。


エコー写真の整理方法

エコー写真の整理方法をご紹介します。

 

産婦人科で妊婦健診を行った際に貰うエコー写真。

 

どこかに置いておいたはずが、場所が分からなくなってしまうなんて事が無いようにしたいところです。

 

そこで上手に整理する方法をご紹介しますね。

 

こんな感じでアルバムに纏めておくのをお勧めします。

 

 

この方法ですと、成長の記録と共に赤ちゃんの様子を見る事が出来るからなのです。

 

1人目が生まれ、そして2人目や3人目の子供が出来る時に、それぞれのアルバムを見て楽しむ事もできるんです。

 

写真と共に、妊娠の週数と赤ちゃんのサイズを分かりやすくしておくと、どれくらい大きくなるかも見えます。

 

エコー写真をしっかり保管しておけば、いつでもすぐに見る事ができるので、是非ともやってみてください。

 

 

エコー写真を整理して成長を記録していきましょう。


健康な赤ちゃんを育てるために

健康な赤ちゃんを育てるために知っておくべき事があります。

 

エコー写真で赤ちゃんの成長過程を見守りつつ、出産に備えて準備を進めていく事は必須です。

 

ですが、赤ちゃんが健康に育つために欠かせない事があるのです。

 

それは赤ちゃんの成長に必要な栄養素がきちんと摂取できているか?という事です。

 

妊娠中は母親の胎盤を通じて赤ちゃんへと栄養素が送られていきます。

 

特に赤ちゃんの成長に欠かせない成分が葉酸・鉄分・カルシウムになります。

 

この3つの栄養素が不足している場合、胎児が先天性の異常を持った状態で産まれてきたり、最悪の場合は流産するという可能性も考えられます。

 

そこで日常の食事メニューでしっかりと栄養バランスが偏ることなく作っていきたいところですが、実は欠点もあります。

 

最重要とされる栄養素の葉酸は食事で摂取しても約半分は失われてしまうという特性を持ち、実質1日の必要量の半分しか取れないのです。

 

これは葉酸特有のもので、意外と知られていない事実なのです。

 

また1日の葉酸摂取量ですが、厚生労働省が推奨している量は400μg(マイクログラム)になります。

 

葉酸400μgを野菜で取ろうとすると

  • モロヘイヤ 約160グラム
  • ブロッコリー 約330グラム
  • オクラ 約360グラム
  • ケール 約330グラム
  • エリンギ 約450グラム
  • ほうれん草 約190グラム

というような、とても食べきれない量となってしまうのです。

 

そこでオススメしたいのが手軽に葉酸を摂取できる「葉酸サプリ」なんです。

 

サプリですと葉酸以外にも鉄分やカルシウムといった3大栄養素に加え、ビタミン類も手軽に摂取できます。

 

しかも1日で飲む量も約3粒ほどですので、食事で必要な栄養素を摂るよりも楽に行えます。

 

つわりがひどくて食欲がわかない時や、少しの量しか食べられない時にも葉酸サプリはお勧めできます。

 

私の妻も妊娠中でつわりがひどい時は食事がとりづらいけれど、葉酸サプリなら気軽に飲めたから良かったと言っていました。

 

それだけ葉酸サプリは辛い思いをせずに飲む事が出来るので、食事がしづらい時にもオススメですよ。

 

サプリですと水で飲むだけですから、どなたでも気軽に1日の栄養素を補給できるので、是非ともお試しください。

 

 

健康な赤ちゃんを育てるために葉酸サプリは欠かせませんよ。


 


TOPへ戻る